葬儀に見る人間模様

葬儀に参列して今まで、いろいろな人間模様を見て来ました。
身内を亡くして泣き崩れる家族、気丈に振る舞う家族、悲しさを押し殺し参列者に丁寧に対応してくれる家族。

以前、子供お世話になった学校の先生が亡くなった時に我が子が先生に向けてお手紙を書き葬儀場にもって行き祭壇に置いて来ました。
その時に年輩の女の方が追いかけて来て『私は亡くなった先生の妹です。お手紙書いてくれたのね。先生凄く喜んでると思うよ。本当にありがとう。』とまだ、小学4年生だった我が子の手を握りしめ涙を流してお礼を言って下さいました。
我が子が知っているのは亡くなった先生だけでしたから、ご家族に声をかけられるなんて思ってもいませんでしたからびっくりしましたが、亡くなった先生が本当にいい先生だったので、妹さんを見て、やはり先生に似てるなと人間性がわかりました。
息子も『優しい人だね』とその言葉が心に響いたようでした。

こんなこともありました。葬儀に参列した親戚で場をわきまえず深酒をして…朝まで酔いがさめず告別式の席で前に出てお焼香する際に転倒してしまい、供えられた花を倒してしまい…大変な騒動になったという事件もありました。
しかも年輩の女性の話ですからビックリです。非常識極まりないなと個人的に腹が立ちました。

また、祖母の葬儀の時の話ですが、20代だった男のいとこが気が小さくて…葬儀イコール死体という気持ちになるらしく、葬儀が始まって間もなく、顔が真っ青になり気分不良を起こしてし控え室に入りましたが…会場にいるということだけで気分が悪くなるとの事で、結局家に帰ることになり祖母の葬儀には参列できずに終わってしまいました。
私には関係ない事ですが、こんなことではこの先の人生をどう生きて行くのか心配なものです。

幸いにもうちの二人の子供たちには一応、葬儀のマナーをしっかり教えてきたので二人とも最低限のマナーは守れますし、上の子は今まで何度か葬儀には参列していますが、子供たちなりに故人を思い、参列してくれているなと安心しています。
葬儀も何度も参列すればある程度のマナーは覚えるかもしれませんが、最低限してはいけないマナーや葬儀の故人を偲ぶ場での在り方などはしっかり親が教えなくてはいけないなと思います。

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>