息子の恩師の葬式

東京にいる下の息子から「葬式に行かないとならないから、どうしたらいい?」と突然、電話がありました。
いつ、どこで葬式をするの?と聞き返すと、今夜、東京でと言うではありませんか。

息子はまだ社会人になったばかりなので喪服も用意してなければ、葬式の事も良くわかっていないので、きちんと教えなければと思い私も慌ててしまいました。
とりあえず近くのお店で喪服を買っておいで!喪服の事は店員さんに聞けば教えてくれるし大丈夫だから。と言って一旦電話を切りました。

喪服を購入した所でまた電話があり、ところで誰の葬式なの?と聞くとなんと息子の恩師ではありませんか!準備万端と思っていたのですが私も行かなくては…と思い、また慌ててしまいました。
急いで飛行機の手配をして、とりあえず空港に向かいました。

東京へ向かう飛行機の席についた所で、やっと気持ちも落ち着いてきて色々と考えさせられました。
やはりいつ何があっても大丈夫なように、日々きちんと用意をしておかないといけないな、特に葬式は前もってわかることではなく、突然の事なので。
道内ならまだしも東京となると勝手も違うので、とても慌ててしまいました。

そんなこんなで、やっと息子と合流する事が出来ました。ここからは土地勘のある息子に頼りながら葬式会場へ向う事になりました。
皆さんもいざという時の為に、前もって準備しておく事をおすすめします。